デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


はっけんの水曜日
 
寝台列車を「見送る」だけの旅


ただひたすら見送るのみの企画です。

できることなら、日本中どこに行くにも寝台列車に乗っていきたい。食べたり飲んだりしながらやがて寝てしまってもいいし、目が覚めたら目的地だ。こんな素敵な移動手段ってあるか。

何か遠方へ用事があるとき、無理にでも寝台列車を旅程に組み込んだりしていたが、最近はなかなかそんな用事がない。それにお金もなかなかかかる。

しかし寝台旅に最適な季節となった。こみあげる旅情を、どうしてくれよう。

その旅情を発散すべく、駅へと向かった。

乙幡 啓子



貴族の趣味のように

寝台列車も近年だんだんと種類が少なくなっているが、東京発着の寝台列車(定期列車)は現在4(5)種類ある。上野駅から「カシオペア」が16時20分(日・火・金)に、「北斗星」が19時03分に、「あけぼの」が21時15分に出発。東京駅から「サンライズ出雲(・瀬戸)」が22時ちょうどに出発する。

今日はこれらの寝台列車を順次見送り、“乗りたい欲”への せめてもの慰めにしたい。うなぎを煙で食うような話だと思ってくれていい。

できるだけ、自分が出発するかのように思いたいので、それらしく旅装を整え、「乗らない」ということ以外は普段の寝台列車の旅と同じようにして、家を出た。


出張や用事の際にはだいたいこんな感じだろうか。なぜか楽しくなってきた。
上野駅の当該ホームの階に到着。

まず今日の1本目、16時20分発のカシオペアに間に合わせるべく、早めに上野駅に着いた。帰宅ラッシュまでは間があり、出発ホームは閑散としている。(乗らないけど)列車の中で飲み食いするものでも買っておこう。ああ、これから寝台列車に一晩乗ってどこかへ行くのだ、という気分が高まる(行かないけど)。

ついワインの売店などのぞいて浮かれる(乗らないけど)。
1泊お泊りセット(泊まらないけど)、そして車内で普段摂取するアルコール、飲料の類(乗らないけど)を購入。

…そうやって気分を高めているんだが、そして実際になぜか気分も高まったりしているんだが、やはり襲ってくる「自分、関係ないじゃん…」というどうしようもない気持ち。いや、でも出発前の気分だけでも味わえてるじゃないか、という気持ち。その2つの気持ちがせめぎあって仕方がない。さっきから同じ思いを行ったり来たり。

果たして私は、入線してきた列車を見て、冷静でいられるのだろうか?!


この風景でちょっと気分が落ち着いた。広場…。

 

冷から熱へ転換の一瞬とは

売店で用足ししている間に、列車がホームに入ってきていた。平日、しかも気安く乗れないような豪華列車ということもあってか、お客は多くはない。カートをゴロゴロ引いた年配の方が中心。

やはり鉄道ファンならずともつい撮りたくなるだろう。
だってカシオペアだもの。




行き先表示もLED!といちいち記念写真(乗らないけど)
おお、ここが話に聞く、先頭客車のラウンジね!(乗らないけど)

…うん、カシオペアだ。全車がA寝台、スイートにいたっては寝台料金だけで5万を超える(運賃と特急料金は別!)、あの憧れの寝台列車…。

と、もっと感動していいはずなんだけど、妙に自分が冷静であることに気付く。ほら、寝台だよ、札幌行きだよ、ほらほら。


シルバーの車体が、静けさに拍車をかける。
カシオペアなんだよなあ…

なんというか、自分には遠い存在なのだ。乗ったことがなく、でもいつかは乗りたい!の「いつか」が、全然近い将来じゃない気がする。親孝行向け、という頭になっているのだ。

だから、自分がひとりこれに乗って、北の地へとひた走る、おっとビールを一杯・・・その良き夜を、いまいち想像できない。
このままお見送りはするけど、ねえ。

と、16時18分までは、思っていた。


そういえば食堂車が見当たらない…と思ったら、カーテンかかってて「なーんだ」の図。
すると、出発直前に一気にカーテンが開いた!

お!食堂だ食堂だ!とカメラを取り出し、2階の食堂に居並ぶアテンダントさんらを含めて自分撮りしよう・・・と思ったところへ、サラリーマン風の男性がつつと近くまで寄ってきて、立ち止まって車両を見上げる。

ひとりで作り笑顔をして写したかったのに、なかなか通り過ぎようとしない。なんだ、恥ずかしいがまあ、しょうがないな・・・と思ってまた2階を見上げたら、やっと意味がわかった。発車の合図のあと―


アテンダントさん、いっせいにホームに向かってお辞儀!
控えめに礼をし返し、見送る男性。そういうことだったのか。

うっかり感動してしまったじゃないか。この男性がもしここにいなかったとしても、彼女らはこうしてホームに一礼して発っていくのだろう。がぜん「次はこれ乗りたい!すぐ!」と、思ってしまったじゃないか。

こういう無言のやりとり、もし今日自分が乗客だったら気付かなかっただろう(と負け惜しみ)。非常にいいものを見た。


今度はそっち側に…

16時20分、私を残してカシオペアは行ってしまった。次の「北斗星」が同じホームから出て行くまで、2時間半。いったん駅の外に出て、買い物などで時間をつぶしてからまたここに戻ることにした。こういう悠長さも、たまにはいいものだ。
つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.