デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
14年で東京のトイレは変わったのか

栄養が好きとか適当なこと書いた

駒込でもでっぱりに注目している。

駒込 1996年の記述(抜粋)




小規模の山手線の駅のトイレは汚いことが多いのだが、駒込は、駅員の愛情が感じられるまじめなトイレです。 駅のトイレというよりも、病院のトイレに近い雰囲気があります。

新しくはないのだが、手入れが行き届いている感じですね。でも、紙はない。

ぞんざいな荷物置き場がありました。

駒込には栄養学校が3つもあった。
・女子栄養大学
・女子栄養短期大学
・香川栄養専門学校

駒込人は栄養が好き。

総合評価 ★★
清潔さ ★★
広さ ★★★
混雑度 ★★
なし

このトイレで清潔さ4か…。駒込人は栄養が好き、などと適当なことを書いている。いまも栄養好きなんだろうか。

 

2010年 栄養はふたつになっていた

トイレではなく看板からさきに言うと、栄養がつく学校はふたつになっていた。

やや栄養好きじゃなくなった

そしてトイレは見違えるほどきれいになっていた。2ヶ所あるトイレはどちらもきれいででっぱりは大きくなって壁と一体化していた。

北口は明るい木目
東口はダークな木目

両方とも木目調のパネルが貼られていたが、木目の色が違っているのが発見であった。新築の家のこだわりみたいである。

もし目隠しされて駒込のトイレに入れられることがあっても木目の色でどっちの改札かが分かるのでぜひおぼえておいてもらいたい。


< 田端 △いちらんへ 新宿 >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.