デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


ひらめきの月曜日
包む!手当たり次第!


包んである物は気になる。何が入っているのか知りたい。たとえ中身が分かっている物でも、包まれていると気になって開けちゃったりする。

いつも気になる包み物に歩み寄るべく、今回はいろんなものを包んでみました。

スポーツにも食欲にも読書にも負けない、包装の秋、ご覧ください!

(text by 古賀及子


竹
お願いします

美しい立方体

ビニール傘
小さきものも

包みの思い出

「包み」で思い出すのは、小学校の低学年ぐらいで、まだ一人で物を買うのが珍しかった頃、何か買うと、必ず「プレゼント用に包んでください」と言っていたことだ。

今思えば迷惑な話だ。消しゴム一つでもプレゼント包装にしてもらっていた。私がレジのバイトだったら心で怒って顔でも怒ると思う。

大人になってからは、逆に包装がうっとおしくなって、今ではレジで「そのままでいいです」と言うことの方が多くなった。

まずは童心にかえってプレゼント用みたいに包む。


初心者にも包める物は

と、気炎は上げてみた物の、実は大変に不器用だとうことに気が付いた。包むといってもきれいに包む自信がない。

その辺にあるものは、どいつもこいつも包むのが難しそうな形をしている。くそー、なにか初心者に優しい、包みやすい形をしたものは無いのか。

見回すと、ティッシュの箱が目にとまった。これだ! 美しい立方体! 包んでくれといわんばかりの形。何で今の今までこれを包まなかったんだろう、そんな気分にすらなる。

早速包んでみた。

おお! とりあえずではあるが、ちゃんと包めたぞ。リボンと紙のセンスの無さ加減にも有りがち感が。まさかこの中身がティッシュであるとは誰も気が付くまい。

続いて消しゴム。小さいけれど、これも形的には楽勝。使いかけの消しゴムがプレゼント仕様に。包むことによって、物はその意味を変えるというのか……。包みの魔術、検証してみました!



▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.