デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


土曜ワイド工場
 
長崎トイレマップ

もう1コ、悪い(面白い)例を

竹中さん的に許せない例をもうひとつ見に行った。
こんな交通量の多い道に面した位置にあるトイレである。


こんなロケーション

一見すると普通の公衆トイレのようだが…

場所的な唐突感もなかなかだが、
それでも一見、普通のトイレに見えないこともない。

が、いざ使おうとする、いろいろ不可解なトイレであることがわかる。


開放的な女子便所

実に見通しのいい女子便所。
入り口のドアも目隠しもないので、大通りから中が丸見えである。

そして、なぜか男子便所が見当たらない…。

障害者用トイレの扉を開ける。


重い扉

これがまた、不思議なくらい重い扉。
車椅子の人が開けるためのものだと思うのに…。
なぜここまで重厚?

この扉を開けられずに引き返した老人を目撃した、と竹中さんは言っていた。

そしてなぜかその中に…


なぜこうなる?

車椅子用のトイレの中に、立ちション用便器が。
つまり小便をしたいだけでも、この広々とした個室に入らねばならない。なーぜー?


竹中さん、大いに語る

有料トイレだった?

竹中さんによると、かつてこのトイレは有料トイレだったという。新宿駅にも有料トイレがあり、入り口で100円入れるとドアが開くのだが、ここではなんと、番台さんが座ってお金をとっていたという。 トイレに番台!
常連になったら
「やあ、また来たね。」
とか
「お、今日はずいぶん長く入ってたね。」
とか言われるのか。それ絶対嫌だ。

まぁ、案の定それは長くは続かず、結局今のような姿になったらしいが…。それにしても変なトイレだ。


怒る竹中氏

これはもう使い勝手うんぬん以前の問題ですよ!どうしてお役所はこんないい加減なことをしているのか。問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。

あ、すみません。後半部分は私が勝手にセリフ作っちゃいました。でも内容はだいたいこんな感じ。



 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.