デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


とくべつ企画
 
面白かった記事とひどかった記事(2009年記事ランキング)

ここからは「いい意味でひどかった記事」ランキング

今年のアンケートでは「面白かった記事」に加えて「いい意味でひどかった記事」というのも聞いてみました。

「いい意味で」を見落とした読者から本気でひどかった記事ばかりがあげ連ねられたらどうしようかと心配したのですが、そこはさすがにセンスのいいデイリー読者。杞憂に終わりましたね。「いい意味でひどい!」はデイリーのライターにとってはうれしい称号ではないでしょうか。

それではランキングを見てみましょう。


1位 俺がキャベツ太郎だ! 小野法師丸
2位 ネグリジェは今どうなっている 工藤考浩
3位 雪とひとつになりたかった男 櫻田智也
3位 ハトが選んだ生命保険に入る 林雄司
5位 大人が風船を本気で追いかける 櫻田智也
5位 自分がやる「着回し30日間」 加藤まさゆき
5位 24時間ネット断ち合宿 林雄司
8位 損した話を聞かせて!〜詐欺の被害に遭ったので〜 住正徳
8位 ムーンウォークで通勤する 住正徳
8位 セミを捕って食べる ほそいあや
8位 お尻で書道 住正徳
8位 Windows7を海に浮かべる 工藤考浩

8位

100円ショップでヘリコプター気分 工藤考浩

ひどい記事キングは小野さん

堂々の1位はやはりというかなんというか、小野法師丸さんがキャベツの格好をしてキャベツ畑に赴いたあの記事「俺がキャベツ太郎だ!」でした。小野さんにお話をうかがっています。

安藤:「いい意味でひどかった記事」1位おめでとうございます。おめでとうございます、でいいですよね。これはある意味一番インパクトのあった記事と考えてもいいと思いますよ。

小野:ポジティブシンキング、ありがとうございます。インパクトという点ではデイリーのライターには強豪がひしめいていると思うんですが、「くだらない」という部分で頭一つ抜けたんでしょうか。素直にうれしいです。


やったー。

安藤:さて、キャベツ太郎の記事ですが。ええっと…(改めて見直して言葉を失う)、記事に書かなかった裏話とかありますか?

小野:キャベツ太郎の格好をしてうろうろするということそのものにもちろん楽しさもあるんですが、頭の中には普通に恥ずかしがる回路もあるので、そのあたりかなり葛藤しましたね。

でもうれしかったのは、そんな心揺れる僕を嬬恋村の人たちがあたたかく迎えてくれたことです。やばそうな人だと無視されそうなところですが、ちゃんと話しかけてくれました。


普通なかなか話しかけられないですが。

安藤:今年はキャベツ姿でエキスポにも出ていただきましたが(参照:DPZ夏のエキスポ リアルタイム更新)、お客さんからの反応とか、どうでしたか。

小野:たくさんの人に「一緒に写真を」と言われたのですが、「これ(キャベツ)をかぶって撮るのはどうですか」と薦めたところ、大方の人には断られました。ああ、調子乗っちゃったかな、と思いました。


一人キャベツが混ざっている。

編集部工藤さんも健闘

小野さんに「来年書きたい記事とかありますか」と聞いたところ、「くだらなすぎて記事にできないような企画を100個あつめて100ページある記事を書きたいです」と言っていました。コーディング担当の橋田さんに聞いておきたいと思います。

「いい意味でひどかった記事」第2位には編集部工藤さんが衝撃のネグリジェ姿を披露したこの記事「ネグリジェは今どうなっている」がランクインしました。工藤さん、おめでとうございます。


工藤ちゃんなら、いま留守よ。

心当たりあります

安藤:工藤さん、おめでとうございます。なにか一言コメントください。

工藤:ありがとうございます。よろこんでいいんだ、と素直に受け止めることにします。

安藤:「ひどかった」と思われた理由ってなんとなく心当たりありますか。

工藤:そうですね、ヒゲを剃ろうか剃るまいか、悩んだ末に剃らなかったんですが、そのあたりかと…。

あと撮影中にリアルとなりの人が帰ってきました。僕はこのさいかまわないのですが、M斎藤さんにはひどいことしたと思っています。

安藤:確かにそれはひどい…。それ以外で最近なにか「ひどい!」って思ったことありましたか。いい意味でも悪い意味でもいいですよ。

工藤:事業仕分けはひどいですね。平日の昼間にやるなんて、見に行きたくても行けないですよね。あんな面白そうなものを。

***

ありがとうございました。工藤さんは他にも「Windows7を海に浮かべる」「100円ショップでヘリコプター気分」もランクインしていましたね。どちらの記事も僕が撮影していたんですが、撮影段階から(これはひどいぞ!)と思っていましたよ。なかなかないよね!そういうの。

次のページにはいよいよ「いい意味でひどい」の真打、あの人が登場です。


< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.