デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ひらめきの月曜日
 
おいしい物自慢会

次はカルピス牛乳

好評の焼き鯖寿司の次は、プログラマの山崎さん。一体何を出して来るのか。


カルピス牛乳です。

山崎さんのお薦めはカルピス牛乳。カルピスを水ではなく牛乳で割った物だ。

 

自らハードル上げすぎじゃないか

そう来たか!?という憎いセレクト。僕は飲んだことがあったが、みんなは飲んだこと無いらしく、どんな物なのかと想像し、戸惑いを見せる。


カルピスを牛乳で割って

この状況をみて、山崎さんはカルピス牛乳をアピールする。
「本当に大好きで、これよりうまい飲み物は無いと思っています。至高の飲み物です」

おぉ、美味しんぼみたいなことを言い出したぞ。それを聞いてみんなの期待は更に高まる。


よく混ぜる。

カルピスと牛乳は1:6。ダマになるので念入りに混ぜる。薄くなってしまうので氷は入れない。作りながらもこだわりを語る。それで更に、「良い物」感を上げていく。

好きなのは良いけれど、そんなにハードル上げて大丈夫か!?

 

伝えづらい味、カルピス牛乳


完成。見た目はただの牛乳。

人数分出来上がったので飲んでみる。あぁ、これこれ。懐かしい。久しぶりに飲んだが僕もカルピス牛乳は好きでたまに飲んでいた。他の人のリアクションはどうだろう。


あぁ、なんというか、なんというか。

一同、悩む。一口飲んでどう表現すればいいものか、何か近い物があるような、無いような。そうした悩みの中で発せられたのが

「ビックルの一歩手前みたいな味」

それを聞いて山崎さんは驚くような、苦いような顔で見る。

「あー!確かに!ビックルになんか材料入れ忘れたみたいな感じ」

と、共感が広がって妙な評価になっている。


苦々しい表情の山崎さん。

更に「子供は好きそうな味」や「ヨーグルトがどうにかなった感じ」
などという感想。

それを聞くたびにどんどん山崎さんの表情が曇っていく。美味しさが伝わらないもどかしさ。でも誰が悪いわけではない。どうにも出来ない歯がゆさが垣間見える。

 

こだわりを捨ててもおいしいと言って欲しい

そこで聞こえたのが「もっとキンキンに冷えてた方が良いかも」という声。


結局氷入れちゃう。

すると山崎さんは「氷入れましょう、氷!冷やしましょう!」
と、言い出した。あれ、こだわりで氷は入れないんじゃ…


がっくり。

急遽氷を入れたがそれでも評価はあまり変わらず。人の好みの多様さに山崎さん、散る。


< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.